白内障について

白内障とは

白内障とは 眼は、カメラと似た構造になっています。
角膜と水晶体が2つのレンズの役目となって入ってきた光を集め、網膜にピントを合わせます。
網膜はフィルムのような役割で、入ってきた光を写し、情報を脳へ伝えているのです。

眼の中のレンズの一つ、水晶体が濁ってくる状態を「白内障」と言います。

白内障手術(=水晶体再建術)とは

白内障の手術は、超音波装置を用いて2.4mmの小さな傷から濁った水晶体の中身を洗い流し、人工の眼内レンズを入れる治療です。
白内障手術(=水晶体再建術)とは

手術は点眼麻酔にて行い、通常の場合は約10分で終了します。
日帰り手術でも全く問題ありませんが、遠方の方やご希望の場合は入院設備もあります。

眼内レンズについて

眼内レンズには「単焦点レンズ」と「多焦点レンズ」の2種類があります。
単焦点レンズ 1点にのみ焦点を合わせる「固定焦点」のレンズです。
手術前に患者さんとご相談し、ピントを合わせる距離を決定して眼内レンズを選びます。
ピントが合わない距離は、メガネにて補います。
多焦点レンズ 2点に焦点を合わせる「2重焦点」のレンズです。
遠方、近方の2か所でピントが合うので、生活の大半をメガネなしで見ることが可能です。
ただし光が2つに分かれるので、2点とも少しピントがあまくなります。
焦点以外の中間距離は、少しぼんやりします。
つまり若いころの眼のように、どこでもくっきり見える訳ではありません。

いろんな眼内レンズの見え方

いろんな眼内レンズの見え方
(1) 単焦点眼内レンズ
左の写真は、単焦点眼内レンズにて遠くにピントを合わせた場合のイメージです。
窓の外の景色や壁掛け時計にピントがあっており、明瞭でシャープに見えます。
一点に全ての焦点を合わせるため、光量も良好です。
しかし手元の携帯電話の画面や、机の上のカップ・花は少しぼんやり見えます。

乱視矯正眼内レンズ

単焦点レンズの中に、最近あらたに乱視矯正レンズが加わりました。
今まで、白内障になる前から角膜乱視が強かった方は、白内障の手術後も乱視が残るためメガネなしではピントが合いにくい状態が残ってしまっていました。
今回、乱視矯正レンズが使えるようになったことで、白内障治療と共に乱視矯正もできるようになり、術後の裸眼視力(メガネを使わない視力)の向上を得ることができます。
(2) 多焦点眼内レンズ
右の写真は、多焦点眼内レンズのイメージです。
遠くと近くの2箇所にピントが合うので、遠くの風景や壁掛け時計にも、また手元の携帯電話の画面もメガネなしで見ることができます。
2点に光を分けるので、単焦点よりも光量は少し落ちます。
中間地点となる机の上のカップ・花は少しぼんやり見えます。

多焦点眼内レンズの治療代・適応について

単焦点レンズと多焦点レンズには、それぞれに良い点・足りない点があります。

2つのレンズの一番大きな違いは、単焦点レンズは保険適用ですが、多焦点レンズは保険適用ではない点です。
よって多焦点レンズを用いた白内障治療にかかる費用は、全額自費負担となります。

当院では下記の料金で治療を行っています。
  • 片眼の手術の場合:25万円
  • 両眼の手術の場合:50万円
  • ※上記金額に含まれるもの: 手術費用および手術当日に使用する機器・薬剤代。
  • ※料金・内容については変更する場合もあります。
2010年4月に、当院では多焦点レンズに対して「高度先進医療」の認定を受けました。
よって任意保険にて「先進医療特約」などの契約をされている方については、ほぼ全額を任意保険でまかなうことが可能です。

【注意】

多焦点レンズを希望されても、眼の状態によっては使用できない場合もあります。
★多焦点レンズを使いにくいケース★
  • ※乱視が強い場合
  • ※網膜の病気で視力が出にくい場合
  • ※緑内障・視神経の病気などで神経が弱くなっている場合
  • ※すでに片眼に単焦点眼内レンズを挿入している場合
  • ※夜間に運転する機会の多い方(光が散って見えるため)

詳しくは、診察時に医師へお尋ねください。

↑ PAGETOP